2023年07月22日

【値をチェックしよう!】値のバリデーションについて

Lesson16

PHP

,

Laravel

サイト制作をすると、お問い合わせなどの入力フォームを設置する事が多いかと思います。
この時、入力されたデータにバリデーション機能をつける事が必要になります。
今回は、そのバリデーションの種類についてみてみましょう!

まず、バリデーションとは何かを確認しましょう。
バリデーションとは、データの妥当性をチェックすることを意味します。
例えば、ウェブページでお問い合わせ用のフォームを作成する場合、フォームに入力されたデータはサーバーに送信されます。そこでPHP等のプログラミング言語を使ってデータを処理することになりますが、送信データが正しい形式のデータであるかどうかや想定した文字数の範囲か、適切なデータ型なのかをチェックするのがバリデーション機能です。
チェックする事項は主に以下の点です。

その他にもチェック項目は様々あります!
バリデーションの種類について、まとまっているサイトがあったので、下記URLから確認してみてください!

参考url

https://www.wakuwakubank.com/posts/376-laravel-validation/

さかい

コメント(全0件)

人気の記事ランキング

【質問】制作データの持ち主を問わずリンクを機能させる方法


【なぜ必要なの?】GUIではなくコマンドが必要な理由


【フォームの種類を決めよう!】inputタグのtype属性について


【正しく順番指定!】nth-of-typeとnth-childの使い方について