2023年06月16日

【GitHub】ファイルをリポジトリに追加する方法

Lesson16

Git

,

Github

サーバーサイド個人課題で、gitを使用する場面が出てきます。
使い方については、カリキュラム内に記載がございません。
躓かれる方もいらっしゃると思いますので、導入部分のみですが手順を載せております!

◯ターミナルの使い方
gitを使用しデータを管理するには、ターミナルを使用します。
vsコード内でターミナルを使用することができるので、今回はそちらで進めていきます。

■手順
1.gitに転送したいフォルダのvsコードを開く

2.上部メニュー内の「ターミナル」を選択

3.「新しいターミナル」を選択

4.vsコード内にターミナルが出現


◯GitHubの使い方
※アカウントを発行している前提で進みます。
(まだの方は、Lesson17-2にGitHubのURLがありますので、そちらから登録してください。)

■リポジトリ作成手順
1.ログイン後の画面で「Create a new repository」という緑色のボタンを選択

2.Repository nameの欄には、制作しているフォルダ名を記入
 例)composer create-project --prefer-dist "laravel/laravel=8.*"  Laravel で作成した「Laravel」が該当

3.Publicを選択

4.以降の項目は触れずに「Create repository」という緑色のボタンを選択し、リポジトリ作成

5.作成後の画面にコマンドが表示されるので、それらを全てターミナルに記述(ここでリモートリポジトリにpushしようとしています)
 ※コマンドが実行できない場合、git 全体のユーザー名・メールアドレスの設定がされていない可能性があるので、下記コマンドを使用し登録しましょう。
 ・ユーザー名設定(ダブルクォーテーション必須)
    git config --global user.name "ユーザー名(=githubで設定したユーザー名)”
 ・メールアドレス設定
    git config --global user.email メールアドレス


■全てのファイルをコミットさせる手順
1.vsコード左側のアクティビティバー内の「ソース管理」を選択

2.以下、git addのコマンドと同様
 全てのファイルを選択(「変更」欄の+ボタンで全て選択可)

3.以下、git commit -m “コミットメッセージ“と同様
「コミット」ボタンを選択(メッセージは基本的には記入するようにします)

4. 以下、git pushと同様
コミット完了後、「変更点の更新」ボタン押下

5.githubの画面に移動し、更新すると全てのファイルがプッシュされている状態


以上で終了となります。
意味を理解しながら作成してみましょう!

さかい

コメント(全0件)

人気の記事ランキング

【質問】制作データの持ち主を問わずリンクを機能させる方法


【表を作成してみよう!】tableタグについて


【CSSが効かない?!】reset.css読み込み時はご注意を!


【Flexプロパティ一覧】flexに関するプロパティまとめ


【何が原因?】PHPのエラーを理解しよう!


【PHP入門】GETとPOSTの違いについて